新しい中心地へ
293  本宮長田町線





・概要・
しばらく実延長が0だったが、盛南開発が進み、青看には293の文字が登場している。
それが見られるのは、杜の大橋からイオン盛岡南SCまでの区間だが・・。


起点 盛岡市本宮
↓  杜の道
↓  杜の大橋
↓  盛岡市盛岡駅西通
↓  (マリオスロード)
↓  (旭橋)
終点 盛岡市長田町

実延長 0
※H17.4.1現在は0になっています
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
認定要件 6号
認定年月日 H9.1.24
(H17.4.1現在)

走行履歴
2007.3.4



○走行記

このあたりからr293の表示が登場


盛岡駅の西口地区。このあたりは開発が進んでいるところ。
マリオスの他にいわて県民情報交流センター(アイーナ)ができ、かなり街らしくなってきた。
走行日当日には、コジマが大きな店舗を杜の大橋入口にオープンさせようとしていた。

平成18年11月、杜の大橋が開通し、盛岡駅西口と本宮地区が結ぶ橋がもうひとつ増えた。
r293の文字が見られるのは、本宮のイオンからここまで。
この先から、長田町にかけては、r293の表示はない。だから、今回は本宮方面へたどる。
(参考として、長田町〜杜の大橋は「その2」でお楽しみください。)

 杜の大橋

杜の大橋は暫定開通。今は片側1車線ずつをシェアしている感じ。歩道も片側だけ。
渡ってみると、暫定感は結構あり。眺めは雫石川の風景。意外と貴重な緑地帯であることに気がつく。
なお、残りの事業着手は未定なんだとか。


こども科学館、先人記念館

橋が終わる頃から、盛南地区に配置されている公共施設が見えてくる。
面白いらしい、盛岡市こども科学館。
新渡戸稲造、米内光政、金田一京助など盛岡にゆかりがある先人の業績が展示されている盛岡市先人記念館。
その他に県立美術館、遺跡の学び館、アイスアリーナ、市民プールなどなどが周辺にある。

 アーチカルバート

このルートでのハイライトは、中央公園に設置されたアーチカルバート。
公園の一体感を保つために、こうしたらしい。
上に登ることができるように階段も設置されている。

 杜の道へ(r16交点)

アーチカルバートを抜けると、r16盛岡環状線と交差する。
数年前までは、県道でもなかったのだが・・。そして、杜の道へ。

 リン

すっかり姿を変えてしまった盛南地区。過去の思い出をたどるのも難しくなってしまった。
そんな中で残された目立つのが大きなポプラ。「リン」という愛称ついている。

 原敬記念館方面をのぞむ

杜の道は、歩道が広く確保され、盛南開発のシンボルロードとして位置づけられている。
今はまだ開発途上な風景だが、かなり変わっていくのだろう。

 R46との交点

そして、ホーマックスーパーデポが見えてくると、R46盛岡西バイパスと接続。
一応、ここがr293の終わり。青看にも、その文字が確認できる。

 イオン盛岡南SC

その終わりにあるのが、イオン盛岡南SC。盛岡では2つ目のイオン。
西と南にイオンができて、街は大きく変わった。
今や本宮地区が商業的には中心地になりつつあるというか、なっている。

長田町〜杜の大橋はこちらへ
TOP