まだ静かな港へ
291 小本港線




・概要・
小本港と国道45号線を結ぶ県道


起点 小本港
終点 岩泉町小本

実延長 593.6
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
認定要件 5号
(H16.4.1現在)
走行日
2003.5.4、2003.11.2、2005.5.28


○走行記

小本の名前は道路としては有名。小本街道とか新小本街道とか。地図でよく見ます。

 終点を望む(2005年)

国道45号線から立派な県道が伸びています。2車線で歩道つきの堂々とした道。
海の雰囲気はなんとなくしますが、微妙なのが三陸なところです。

 小本温泉(2005年)

県道沿いの唯一といっていい施設は小本温泉。
通るたびに車が止まっているなあって印象です。繁盛しているのかしらん。


バスのたまり場前で(2003年)

小本橋を渡ってしまうと、突き当たり。バスのたまり場になっています。
ちなみに右折すると小本の集落。左折すると小本港。

 港の手前(2003年)

港へは立派な道路が続いています。
目立つのは大きな水門6基からなる「小本川水門」。
19年の歳月をかけて平成2年に完成したのだとか。津波対策らしいです。
防波堤がわりなんでしょうか、少し盛り上がってから海が少しずつ見えてきます。


小本港(2003年、2005年)


2005年時点では、港には何があるわけではありませんでした。
どちらかというと格好の釣り場という感じです。


そりゃそうなんですが(2005年)


県道がどこから起点なのかは不明。そして海との境にはこんなものが。
そりゃそうなんですが、いつも悩ませる楽しい看板です。

------------------------------
小本
------------------------------
小本の町は県道からは外れています。
懐かしい感じの一本道の町並みが残っています。


左 岩手県北バス小本営業所(2003年)
右 小本の町並み(2003年)



TOP

県道生活@いわて