様変わりした横沢あたり
289 柴宿横沢線



・概要・
一関市東山町内で完結する県道
r19柴宿から横沢を経由しR343に至る路線。


起点 一関市東山町長坂
↓  (r106)
↓  一関市東山町北磐井里
↓  一関市東山町横沢
終点 一関市東山町田河津

実延長 4,886.6
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
(H19.4.1現在)

走行日 2003.7.21、2008.5.3



○走行記


R343が少し高い場所を走る夏山からせめる。
国道から分岐すると坂を下っていく。



ほどなく公民館がある。東磐交通のバスもここまでは来るらしい。
平日は一日4本。岩ノ下というところまで行く。
夏山は「硯のふるさと」とのこと。紫雲石というのが取れるらしい。
菅江真澄もやってきたらしく。天明六年4月と6月にこの地で休んだという。
にごり酒に酔い、心地よく昼寝したのだとか。

【横沢】

横沢 右 改良後、左 改良前(2003.7.21)

路線名にもなっている横沢は静かな集落。かつて道路は鉤型状になっていたが、改良工事で雰囲気が変わった。
国道343号はここを通っており、路線名はその名残というわけ。


金堀坑道よこさわ

すっかり変わっていて、まず小さな休憩所みたいなのができた。
そしてバス停の待合室が整備され、「金山跡駅」と看板が掲げられている。
法面には階段が設置されていて、のぼっていく坑道の入口らしきものがある。
石碑があって、平成15年の改良工事の際に発見されて整備されたとのこと。
詳細は不明のようだが、手掘りのみ跡が随所に見られるようだ。


田河津小学校夏山分校跡(2003.7.21)

集落のはずれには「田河津小学校夏山分校」跡があって、公民館が建っていたがどうなったんだろう。


北磐井里 左2008年、右2003年

中倉を通り過ぎる。このあたりは疾走区間でもある。
そして磐井里公民館があって、r106前沢東山線と合流する。

 南磐井里
 長坂小学校(2003年)

r106との重複区間はほどなく終わって、南磐井里からまた単独区間。 かつては長坂小学校の前の道路を通ったようだが、今はセンターラインがある道をのぼっていく。

 柴宿

そしてあっけなくr19一関大東線に接続。
柴宿駅はそんなに遠くはないところにある。

TOP