盛岡方面は重複で消える
285 盛岡石鳥谷線
(その1 石鳥谷町北寺林〜紫波町境)


・概要・
農道系県道。岩手の平野を走る抜ける数少ない路線。
事実上、矢巾で終わってしまう路線。


起点 盛岡市
↓  (r120)
↓  矢巾町白沢
↓  紫波町稲藤
↓  紫波町片寄
↓  石鳥谷町大瀬川
↓  石鳥谷町北寺林
終点 石鳥谷町

実延長 12,793.3
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.7.24



○走行記


北寺林

石鳥谷側は中心部から西南にある北寺林から単独区間がはじまっている。
r109石鳥谷花巻温泉線とはT字路になっていて、もうそれは普通に道が伸びている。


大瀬川

石鳥谷は目立たない町だけど、結構景色がいい。
岩手の中では、空が広くて侮れないところ。
この県道は農道出身とのことで、田園地帯をさわやかに走る。


南野原

一番気持ちがいいのが、南野原あたり。
緩やかな坂道がまるで滑走路みたいにまっすぐに。
このまま空へ飛び出して行けそう。


紫波町へ

そして紫波町へ。何もない周辺。


その2

TOP

県道生活@いわて