南昌山の肩を通って
281 矢巾西安庭線
(その1 矢巾町流通センター南〜南昌台団地)



・概要・
岩手屈指の険道だったが、かつてダートだった矢巾温泉から雫石にかけても簡易な舗装が施されて、トンデモ度はやや下がったという評価です。


起点 矢巾町
↓  矢巾町広宮沢
↓  矢巾温泉
↓  南昌山の肩
終点 雫石町西安庭

実延長 13,696.0
改良率 29.4%
舗装率 29.6%
認定要件 5号
(H16.4.1現在)

走行日 2003.8.23、2005.11.6



○走行記
 流通センターあたり

岩手では広い道が貫く流通センターが終わりに近づくあたりから、r281の分岐点。
盛岡方面からr13を右折すれば、普通の道路がまっすぐ存在し、南昌山たちが出迎えてくれる。
まずは、ゆるやかに傾斜がついた道をあがっていく。この先に待っているコトが何事でもないように。

 岩手県交通矢巾営業所

流通センターを抜けてほどなく、岩手県交通矢巾営業所。市内では頻繁に見る行き先表示のひとつ。
営業所は簡易なつくりである。乗り過ごしてここまで来ても戸惑ってしまうだろうなという場所。

 工業団地あたり

矢巾営業所の先に雫石方面へ分かれる道路がある。南昌第一と第二トンネルを擁する農道ルート。
今では、この道が雫石へ抜けるメインルートである。ほぼ快適な路面で抜けられるから、無理してr281を選択する必要はない。
逆に言えば、この道が立派すぎるので、r281の未来はそれほど明るくないとも言える。

 広宮沢の交点

工業団地の周辺をたどりながら、県道はさらにキツくなる坂道へ入る。


その2

TOP