大槌町内を走る旧道県道
280 大槌小鎚線
(その1 大槌町小鎚〜大槌町大町)


・概要・
大槌町内を走る旧道県道。というわけで町中を走っています。
大槌の「槌」と小鎚の「鎚」は違いますからご注意を。


起点 大槌町大槌第27地割字大安渡
↓  安渡トンネル
↓  大槌大橋
↓  町立図書館
↓  古廟橋
↓  マストの前
終点 大槌町小鎚第27地割字花輪田

実延長 1,787.5
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.5.2



○走行記


R45交点付近、マスト

R45に大槌バイパスができて、県道になった模様。大槌の市街地を縦断する格好になっている県道。
釜石側のほうが小鎚。交点付近にはローソンやパチンコ店。
そして何といっても「マスト」。マイヤを核にホーマックやセルフのスタンドもあります。
釜石地区では数少ないショッピングセンターではないでしょうか。車も多く、にぎわっていました。


古廟橋

マストを横目に大槌町内へ。古廟橋で小鎚川を渡ると上町エリア。
大槌の玄関口にあたるのでしょうか。


上町の歩道橋

上町ではまだは商店街としては本格化しません。小槌神社があるなあという程度。
小学校があるため歩道橋が架かっていました。県道では案外珍しい風景だったりします。


本町・大槌郵便局付近

駅への入口があるのが本町。r145大槌停車場線が分岐。
大槌郵便局と岩手銀行はこのエリアです。


大町

一番お店が多いのは大町エリア。ちょっと緩いカーブが印象的。
銀行を再利用した町立図書館や大槌町役場が近くにあります。
車の通行量はあるので、それほど寂しい感じはしませんでした。


その2

TOP

県道生活@いわて