春子谷地へ
278 鵜飼滝沢線
(その1 滝沢村姥屋敷〜滝沢村柳沢)


・概要・
相の沢温泉から岩手山のふもとを走り出す。
春子谷地付近を通って、滝沢村分れへ出る県道。


起点 滝沢村大字鵜飼
↓  滝沢村夜蚊平
↓  滝沢村柳沢
↓  滝沢村一王寺
終点 滝沢村大字滝沢

実延長 11,604.5
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.5.8



○走行記


分岐点/相の沢牧野から

相の沢温泉・お山の湯入口付近でr278はr219から分岐する。
いきなり相の沢牧野越しの岩手山どーんなんてのがある。
このルートの前半戦は岩手山のふもとを走る眺めがいい路線。


夜蚊平

道路状態も良好で気分良くトレースすることができる。
夜蚊平という開拓地らしい集落が現れる。肥料の無料販売所と出会う。


春子谷地

以前からちょっぴり気になっていた春子谷地に寄り道。
r278から姫神山が見えてくるあたりに入口がある。砂利道を進むとほどなく岩手山。
車が入れる場所はそれなりに開発されていた。ここも賢治がらみとのこと。
湿原はちょっと歩く必要がありそうで断念。


柳沢の交叉点/岩手山温泉

林の中を走っていくとT字路。そこが柳沢。
「岩手山温泉」の文字も見えるが、かなりひっそり。ウェブで検索すると別な意味で秘湯な様子。

県道と反対方向には「馬返し」までのまっすぐな道がある。
たぶんかつて「県道岩手山線」を名乗っていたルートのはず。
r278は左折し柳沢方面を降りていく。

その2

TOP

県道生活@いわて