一戸はいいですね
274 二戸一戸線
(その1 一戸町女鹿口〜一戸駅)


・概要・
旧道県道です。一戸と二戸(福岡)の中心部を通ります。


起点 二戸市
↓  二戸市堀野
↓  二戸市福岡
↓  二戸市石切所
↓  (R4)
↓  一戸町小井田
↓  一戸町本町
↓  一戸駅
↓  一戸南小学校
終点 一戸町

実延長 12,508.2
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.8.11



○走行記


女鹿口、東京から600キロ

R4を北上し、風景が狭まってくる。女鹿口交叉点でr274は分かれる。
東京から600キロの地点。はるばると思うか、そんなもんかと思うか。
新しめの小姓堂橋はゆるやかに県道へ導く。


一戸南小学校

西法寺地区に入り、昔の国道風情が漂ってくると、一戸南小学校。
安藤忠雄の設計とあって、学校らしさはあまりない。たぶん内部はすばらしいんだろうなあ。
周囲の風景とは明らかに違うけれど、侮れないぞ一戸という感じ。


一戸駅へ、西法寺踏切道

碧橋が馬淵川を渡って合流してくる。
その先には一戸中学校や県立病院があり、一戸の新しい中心になりそうな雰囲気。

そして、いわて銀河鉄道(IGR)が寄り添ってきて、古びた屯所建築がお出迎え。
一戸駅はすぐそこ。


一戸駅

一戸駅はIGRだけの駅になった。かつては「はつかり」とか停まっていたんだけど。
国鉄の匂いが色濃く残っているのは嬉しい。小さな駅前広場からは見慣れない色のバスも発着。
県境へ来ているんだなと思う。


その2

TOP

県道生活@いわて