小袖海岸は走ってみよう
268 野田長内線
(その1 野田村新山〜



・概要・
野田港付近から小袖地区を通り久慈へ至る県道。
小袖海岸は岩手では珍しい海岸ドライブが楽しめる。


起点 野田村
↓  野田村中沢
↓  久慈市久喜
↓  久慈市小袖
↓  小袖海岸
終点 久慈市長内町

実延長 15,503.6

走行日 2003.8.10



リンク
野田村
久慈市立久喜小学校


○走行記
 r268入口(野田村新山)

r217野田港線の途中に、r268の入口。青い看板できちんと表示されているので、間違うことはない。
赤い旅館(だったかな?)が目印。上り坂で海岸線へ進路を取る。

 野田村・広内橋付近

やがて海が現れる。広内付近は海岸線ドライブができる場所。
何回も同じ事を書くけれども、海辺のドライブは憧れ。水平線とか懐かしい。
もうリアスの面影は薄くなってくる。

 野田村・中沢

しかし海は見えなくなり、堤防沿いを走る。
柔道着のカントリーサインが久慈市との境であること教えてくれる。
野田村側の地名は中沢。小さい橋を渡り、そしてすぐさま県道は左折。

久慈市に入ると、センターラインが消える。久喜は坂道に沿いながら家が並ぶ集落。
雰囲気がありそうなところだったが車を停める場所が見つけられず通過。
歩いてみたいなという印象はあり。そのうちに。

久喜小学校まで来れば、或る程度の高度にたどり着いたようで、ほぼ平坦なところを走っているような感覚に。


三崎の風景

次の集落は三崎。ここには三崎中学校がある。
三崎は分岐点。中学校方面に行きたくなるが、県道は鬱蒼とした方向へ行かなくてはならない。
道路が悪そうな方向が県道である場合もよくある話。

 小袖までの間

三崎の分岐で道路が狭いことのお知らせがあるので、そんなもんだと思いながら走る。
小袖までは森の中を走り、民家もない。単調になりがちで、ちとつらい。

その2へ

TOP

県道生活@いわて