県北に残された秘境県道
264 二戸軽米線
(その3 軽米町平〜軽米町軽米)


・概要・
県北に残された秘境県道。二戸側は走っていてハラハラドキドキ。
軽米町に入ると整備されている区間が多くなる。


起点 二戸市
↓  福岡長嶺郵便局
↓  二戸市夏間木
↓  岳通り公民館
↓  軽米町山内
↓  軽米町君成田
↓  軽米高校前
終点 軽米町

実延長 21,575.5
改良率 51.8%
舗装率 56.2%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.7.18



○走行記


和堂地の交叉点

平地区は下り坂。和堂地の交叉点まで続いていた。
R340と交差し、和堂地橋からは、また狭い道。


和堂地の採石場

採石場が見えて、また不安な道路状況のまま先が続く。


和堂地の東

やがてセンターラインがある道路に戻り、八戸道と交差するあたりまで。


千草あたり

八戸道を横目に走る区間は細い。あまり何もない。


君成田

君成田へ出ると、何かを越えたかなと思う。
家も多いし、風景も開けてくる。高速道路はやや距離を置いて遠くにたたずんでいる。


軽米高校あたり

君成田から農道を越え、軽米の町へ滑り込むというパターン。
歴史資料館や軽米高校が坂道の途中にあった。ヘキサがあるので間違いはない。


軽米町中心部

あれよあれよと住宅地に入って、軽米町役場付近に出る。


R340交点をのぞむ(軽米町内)

旧道をトレースしながら、r264は最後の仕上げに入る。
商店街が終わり、坂道を登って、淡々と国道へ合流。
軽米町区間は、おおむね問題なしと言える。二戸の印象が強烈すぎるせいかもしれないが。


TOP

県道生活@いわて