二戸西部の縦貫県道
256 野々上下斗米線



・概要・
沿線だけみると、特に何があるわけでもない。
たぶんr182野々上斗内線とのセットなんだろう。


起点 二戸市野々上
終点 二戸市下斗米

実延長 3,942.9

走行日 2003.9.20



○走行記
 月折橋付近

月折。ロマンティックな地名を持つ場所から始まる。
月折橋付近は立派。改良されたのだろう。手持ちの地図と微妙に違う。

 月折の北

橋を渡って、ヘキサがあり、そこから先は上り坂。
1.5車線程度の道路に変わる。


たぶん高いところの風景

ここが県道であることの意味は、よくわからない。連絡道としての位置付けか。
沿線には集落がない。高いところでは綺麗な山脈も見えるが、僕は名前すら知らない。

 r32交点付近

というわけで、あっけなくr32の下斗米バイパスが見えてくる。
改良された道路幅できちんと接続。


旧道の風景

あまりにも・・なので、r32旧道との接続点まで走る。
道路はかなり狭い。昔は大変だったろう。ここにヘキサが残っていた。
もしかしてまだ県道なのかもしれない。

聖福院の前を通り、予定通り下斗米の町。
それでも、物足りなさが残る。そんな県道だった。

TOP

県道生活@いわて