折壁峠越えあり
246 世田米矢作線
(その1 住田町世田米大股〜陸前高田市矢作町的場)



・概要・
住田町世田米と陸前高田市矢作町を結ぶ県道。
どちらかというと、矢作町のための道路かも。折壁峠は冬季閉鎖。


起点 住田町世田米大股
↓  折壁峠
↓  陸前高田市矢作町三の戸
↓  陸前高田市矢作町木戸口
終点 陸前高田市矢作町袖野

実延長 17,782.6

走行日 2003.5.10



○走行記
 大股小学校跡

国道397号線の大股から旅を始める。大股にはかつて小学校があったが廃校になってしまった。
廃校からそれほど時間が経っていないのから、生々しく学校の雰囲気は残っている。

 大股郵便局付近

県道は小学校から少し離れた場所から分岐している。
たぶん今の国道の旧道だったんだろうという道筋。狭いけど民家がある。そんな状況。
大股郵便局の旧局舎は見る価値あり。

 折壁橋にて

道筋はだんだん不安になってくる。橋が見えてくると、本格的に世田米矢作線。
大船渡地方振興局お得意の
「この先折壁峠前後幅員狭小のため、バス・大型車等は国道340号・世田米を経由することをおすすめします。」
そんな看板もある。

 折壁橋を眺める

心細い道が始まる。集落は少々あるものの、ほんとに少々。
やがて1.5車線程度になり、峠道に。

 折壁峠

サミットは折壁峠というらしい。手持ちの地図には名前すらない。
住田町方面は若干見晴らしが利く。思ったよりは広い場所である。
石垣がなんとなく印象的。

 陸前高田側ゲート

陸前高田にはいると、舗装がイマイチ。決して立派とはいえない。
いやいやまんずという感じ。やがてゲートが現れ、ひといきつく。
そう、折壁峠は冬季通行止なのである。

その2

TOP

県道生活@いわて