あんまり温泉街じゃないところへ
244 金田一温泉線



・概要・
県北の温泉地・金田一温泉とR4を結んでいる。


起点 二戸市金田一温泉
↓  緑風荘
↓  長川小学校跡
終点 二戸市金田一

実延長 1,727.4
改良率  78.0%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.7.18



○走行記


古い青看と府金橋

R4から分岐していることにして、まず走ってみる。
新幹線が県道の上をまたぐ。土地カンもないので、新幹線よそっちの方向へ行くの?って感じ。
坂道が終わり、おんぼろな橋と出会う。府金橋といい金田一温泉駅方面へつながっている。
やけに大きな古い青看も旅情を誘う。


r244本格化(小林)

県道として本格化するのは、R4をガードでくぐってから。
ここに唯一のヘキサが存在し、緑の中へ吸い込まれていく。センターラインも消える。


石割桜入口あたり

集落を抜けるけど、温泉の雰囲気はみじんもない。
石割桜の表示に足を止めて、案内板の先をたどる。馬淵川に出たところにそれはあった。
確かに石を割っているのだが、季節外れの訪問はつらいものがあった。


長川小学校跡

そして思わぬ廃校跡に会う。長川(おさがわ)小学校跡地。
県道よりは高い場所にあるが、匂うのである。
門柱、記念碑はあった。校舎らしきものもあるが、ちょっと確定作業が必要。
比較的新しめの公民館が建っていた。


緑風荘あたり

有名な緑風荘付近は道路が一瞬広くなる場所。長川に架かる橋も新しい。
ここまで来ても温泉街らしくない。大丈夫か?
金田一温泉は古い歴史があるそうで、「侍の湯」として名を馳せたらしい。
泉質は単純泉。


美しき屯所跡、このへんまでかな?

長川橋から先はまた狭くなる。そしてどこまで県道なのか。
頼りになるのはデリニエータのみで、最後にあった場所がこのへん(画像右)。
なんか中途半端な場所で終わるなあ。ちなみ屯所王国・二戸だけあり、使われていないがこんなのが健在。


温泉美容室、ゆーらく(入浴施設)

県道と推測される道路沿いにも宿泊施設はあるけど、温泉の雰囲気は最後まで感じられず。
明確な終わりもわからないまま。金田一温泉の日帰り入浴施設「ゆーゆーゆーらく」へ。


TOP

県道生活@いわて