安倍館を通り抜ける旧道県道
220 氏子橋夕顔瀬線


・概要・
旧4号線だったという道路。
氏子橋という橋はいまはなく、バス停名に名を残す。
盛岡の渋滞名所・舘坂を経て、夕顔瀬橋へ至る。



起点 盛岡市上堂一丁目
↓  盛岡市安倍館町
↓  舘坂
終点 盛岡市夕顔瀬町

実延長 2,400.2

走行日 2003.10.12



○走行記(歩行記)

上堂の国道4号線交点付近

上堂の国道4号線との交点が起点。ここは青山町方面の道路も絡んでくるので複雑な構造だった。
走行日当日は改良工事が行われていた。やがて変わることだろう。
県道に入ると、きちんとヘキサがあり、驚く。


上堂の拡幅されたあたり

上堂郵便局付近はかなり変わった。昔はもう少し狭かったが、右折レーンもでき、森永方面へ行けるようになっている。
隔世の感あり。比較的広い空が広がる。


安倍館あたり

エリアは安倍館町に。このあたりは懐かしい雰囲気を保っている。開発しようがないからか?
隠れ天然記念物の「中央バス安倍館待合所」も健在なのが嬉しい。
歴史好きな人は、安倍館に想いを馳せたらいかがでしょう?このへんは道路が狭くなった感覚になる。


渋滞名所・舘坂

やがて坂道。たぶんこれが「舘坂」。
下ったところに五差路がある。渋滞の名所になっている舘坂交差点だ。
冬は歩いた方が早い日もある。


山田線の橋を見る(前九年)

舘坂交差点を過ぎ、片側2車線の快走路になる。片側は北上川に面しているからなおさら広く感じる。
JR山田線が県道をまたぐ。昔風のディーゼルカーが通り過ぎた。


夕顔瀬町

川の反対側には商店が並ぶ。片原と呼ばれていた。
夕顔瀬橋が見えてきたら、ゴール。r1と交差しておしまい。


TOP

県道生活@いわて