小岩井農場を駆け抜けて
219 網張温泉線
(その1 網張温泉〜小岩井農場)


・概要・
網張温泉を起点としているが、ヘキサはr212。
岩手高原スキー場付近から単独区間となる。
名前は小岩井農場線のほうが良かったのでは?


起点 網張温泉
↓  岩手高原スキー場前
↓  御神坂駐車場
↓  相の沢温泉
↓  小岩井農場
終点 雫石町仁左瀬

実延長 18,826.0
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
認定年月日 S51.10.1
認定要件 5号
(H18.4.1現在)

走行日 2004.5.8、2007.7.8



○走行記


網張温泉(2004.5.8)

網張温泉は歴史がある温泉。いつもそこそこにぎわっている。
そして駐車場からの展望も個人的には好きだ。
でも、r219のヘキサはここまで届いていない。r212雫石東八幡平線なのだ。


分岐点(岩手高原あたり)

r219のヘキサが現れるのは岩手高原スノーパーク付近のr212との合流点になる。
岩手山の火山活動の頃、休業状態になったが、2005年に再開している。


御神坂駐車場付近

やがて御神坂駐車場。ここは岩手山登山の出入口のひとつ。
平成18年8月に土石流が発生し、その傷跡が走行日当日はまだ残っていた。
駐車場は使用禁止になっているが、復旧工事が行われているという。


御神坂

そして、個人的にはここがお気に入りの区間。
ひとすじな長い下り坂と登り坂。かつて有料道路だったプライドか。


r278との分岐点

滝沢村に入って、相の沢キャンプ場付近で大きく南へ方向変換。
相の沢温泉「お山の湯」付近でr278鵜飼滝沢線が分岐していく。


姥屋敷

そしてしばらく木々に埋もれるように緑の区間がつづく。
ほとんどまっすぐなので、走ることに集中できる。

その2


TOP