東磐井の目立たない県道
218 藤沢津谷川線


・概要・
室根村と藤沢町を結ぶことに存在意義有?
黒地田峠がある。


起点 藤沢町
↓  藤沢町保呂羽
↓  黒地田峠
終点 室根村津谷川

実延長 6,500.5

走行日 2003.9.28



○走行記
 室根村竹野下

室根村南部・津谷川。その中心にたどり着く前、竹野下でr18からr218は分岐する。
公民館がある程度でさりげない始まり。ホタルの里らしい。そんな看板があった。
道路は、まずまず立派で、これが高山まで続く。

 黒地田峠のはじまり(室根村高山)

千厩方面の道路と別れ、黒地田峠が始まる。
悩むほどの峠道ではない。センターラインはなくなるけれども。

 黒地田峠サミット

サミットはあっさり味。藤沢町のカントリーサイン。

 怪しい門

峠を下り、金越沢ダムがちらほらと見える。

お寺が現れた。久々の人の匂い。県道を挟むようにして鬼瓦のセット。
ほとんど私道風情な状況。


左)保呂羽の工場(学校跡か?)右)JAいわい東 保呂羽支所

保呂羽まで来ると、ほぼ終わり。学校跡らしい建物を利用した工場。
「大津保郵便局」という思い切り合成地名な郵便局。
(「津」はどこの「津」?)

 保呂羽 旧r155交点

ガソリンスタンドがある交差点で、r295(旧r155)と合流。

TOP

県道生活@いわて