峠越えあり
206 相川平泉線
(一関市舞川〜平泉町小島)


起点 一関市舞川
↓  相川
↓  東岳峠
↓  平泉町長島
↓  高舘橋
終点 平泉町平泉

実延長 12,823.1

走行日 2003.3.2



起点付近(一関市舞川)


舞川の「川」のほう、相川が起点。県道19号線と接続

○走行記
一関の相川と平泉を結ぶ県道。大東町のひとたちが平泉へでも行くのには便利なのでしょうか。
道路状態は、ほぼ車線があり、最大の難関?東岳峠も改良されています。

県道一関大東線との接続点がスタート。周りには特に家はなく、静かに始まる。
ほどなく相川の集落。かつては相川小学校があったが、今は統合されてない。
そのほかには舞川公民館や舞川郵便局があるので、舞草よりこっちが中心なのかもしれない。
たぶん「舞草」+「相川」=「舞川」のはず。

 旧郵便局

相川で一番美しいのは、旧郵便局。正面にはマークも残っている。これも貴重なものだと思う。
この先、まっすぐ行きたいところだが、この路線は曲がることになる。
舞川郵便局と菅原神社の前を通る。ここから高度を上げていく。

 蛙沢にて

竪穴式住居などが、なぜか沿線にあるが、そのまま進めば峠道。
久しぶりに峠を越えるような気がして懐かしい。
それなりのカーブを繰り返して東岳峠。

 東岳

東岳峠は改良されており、それほど苦になることはなかった。
やがて人家が出現。東磐交通のバスが東岳まで来ている。
まっすぐに下っていく。

その2

TOP


県道生活@いわて