難所・鈴峠
202 普代小屋瀬線
(その2 鈴峠〜岩泉町大鳥)



・概要・
難所・鈴峠を擁する50キロ越えの一般県道。
普代村から2つの峠を越えて、葛巻町へ。
鈴峠は約10キロのダート区間で、この県道のハイライトです。


起点 普代村第12地割
↓  普代村芦渡
↓  御沢峠
↓  岩泉町川口
↓  岩泉町安家
↓  岩泉町大平
↓  鈴峠
↓  馬淵小
終点 葛巻町江刈

実延長 52,107.1

走行日 2003.11.2


○走行記


ダート区間(葛巻側)

路面状態は想像よりは良好。(矢巾西安庭線に比べてだが・・・)
淡々と登っていく。デリニエータには「岩手県」の文字。間違いはないらしい。


鈴峠

葛巻側の鋪装が終わったところから約1キロで鈴峠のサミットにたどり着く。
呆気なくだった。サミットは空が広く見えるせいか、爽やか。
カントリーサイン・ヘキサもちゃんと存在。
もう少しトンデモな場所かとも思っていたが、ここまでは大丈夫だと思った。


鈴峠(岩泉側)

爽やかな気持ちが終わって、岩泉方面へ駆け降りていく。
引き続きダート。路面状態はまあまあも、路肩なんかは不安を感じさせる。
落ちたらおしまいだなという感じ。
車が通る設定なのかしらん・・なんて思う。
大きい車はやめた方がいいでしょう。(というか無理)
車とすれ違うこともほぼなくて、のんびりとハンドルを何回も切りかえす。


坂本

知らぬ間に道路が鋪装に変わると、鈴峠の終わりを知らせるサイン。
だいたい約10キロのダート区間。
岩手県道では、やはり難所と位置づけるべき区間でしょう。

ダート区間が終わった場所は坂本というところ。岩泉の端。
公民館ふうの建物があり、そこを囲むように県道はカーブを描いて、普通の道へ戻る。
少し先へ進むと、坂本分校の跡地。校舎はなかった。


大鳥あたり

鈴峠を越えたあとだと、家があるだけで嬉しい。
大鳥という集落を通り過ぎながら、川の流れに沿って走っていく。
もちろん道は狭い。

その3

TOP

県道生活@いわて