2つの顔を持つ県道
197 田原折居線
   (水沢市真城〜水沢市黒石町)

起点 江刺市田原〜 終点 水沢市真城
実延長 11,328.5

走行日 2002.10.30

起点付近(江刺市田原) 終点付近(水沢市真城)


○走行
この県道は、2つに別れていると言っていいかもしれない。
陸中折居駅から国道343号まで。北上川を渡って、水沢市黒石から江刺市田原まで。

陸中折居駅前から、この県道はおもむろに始まる。
ヘキサがないので、本当にここでいいのかしらんという感じ。
踏切を渡るまで、車線がない狭い道。

 水沢市橋本

踏切を渡ると、田園地帯をのんびりと走ることになる。
水沢市エリアに入ると、車線が消えて、案外狭い道が国道343号線まで続く。

北上川を渡るのは、国道343号線と一緒。藤橋の手前に道の駅がある。
橋を渡ると、水沢市黒石町。

黒石町の部分は、バイパス化されている。
残された旧道部分には、商店街があり、雰囲気を出している。
川沿いだけど、山奥の宿場町を歩いているような錯覚に捕らわれた。

○水沢市黒石町の風景


黒石の入口

ボンカレー

町並み

由緒ありそうな建築物

その2へ

TOP