供養塚の名前に惹かれて
176 供養塚折居線
   (胆沢町若柳〜胆沢町小山)

起点 胆沢町若柳〜 終点 前沢町古城
実延長 8,793.2

走行日 2002.10.30

起点付近(胆沢町若柳) 終点付近(前沢町古城)


○走行記
供養塚という、なんとも興味をそそられる地名が含まれている県道。
国道397号線から胆沢町小山を経由して、国道4号線に出る。

供養塚は、若柳地区の中心部のようであるが、バイパスがあるせいかひっそり。
小学校は数年前にバイパス沿いに移転し、体育館だけが寂しげに残っている。

旧道と国道の合流地点には、昭和の一里塚という施設がある。
ちなみに供養塚とは、江戸時代に餓死者を供養するための塚が由来だとか。

 胆沢町役場

県道は、今はバイパスからスタート。小山までは南へという感じ。
やがて、胆沢町役場を中心とする。公共施設集積地帯に入る。
とはいっても、まばらな感じがする。ちなみに役場は立派そう。
ちなみに道路は問題がない。

やがて、この県道で最大の町・小山に入る。

○供養塚の風景


供養塚 昭和の一里塚

ここにも供養塚の看板(たぶん旧起点)


その2

TOP