実延長50キロを越えて
171 大川松草線
(その1 川井村松草〜松草峠)



・概要・
一般県道の中では屈指の長さを誇る。
途中は何があるわけではない。でも岩泉の集落たちは味わいあるよ!
川井村側は松草峠へ向かう道。整備されており問題はない。


起点 岩泉町大川
↓  岩泉町釜津田
↓  岩泉町櫃取
↓  松草峠
終点 川井村田代

実延長 50,113.6

走行日 2003.10.25


○走行記


国道106号線付近

国道106号線からおもむろに始まる。これから50キロもの道のりがあるとは信じられないくらいに。
たぶん旧道だったんだろう。川に沿ったかたちでスタート。
山田線の鉄橋をくぐると、家が数軒。松草の中心?らしく集会所などある。


松草橋、松草のゲート 峠が始まる

とても古い松草橋を渡り、ゲートの前に。
ここから本格的にr171が旅。いつものことながら初めての道は不安。


大森橋付近 山が白い!

松草沢と並行しながら行く。道路は案外整備されているなあという印象。
下鼻井沢橋、大森橋なんてのをクリアしていく。
白い山が遠くに見える。こんな景色あるんだなあ。険しくもなく、ただ山がある。


松草峠下 牛に注意

峠道は、センターラインはないけれど、気持ち良く走れる道。
「牛に注意」の標識。とうとう来たなという気持ちになる。
ここも赤い牛がかつてはたくさんいたんだろう。


松草峠

松草峠は、岩手の峠の中でも開けている珍しい場所。
空があるのだ。それも広く抱えることができる。空気をめいっぱい吸い込む。
ここから先は岩泉町。
どこまで行っても岩泉町のはじまりはじまり。

その2

TOP