山田線の主要駅らしい
142 川内停車場線





・概要・
JR山田線・川内駅と国道106号を結ぶ。


起点 川内停車場
終点 川井村川内

実延長 265.5
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
認定要件 5号
(H16.4.1現在)


走行日 2002.10.24、2005.5.28



○走行記

 川内駅

川内といえば、車で生活していると国道106号沿いの道の駅「やまびこ館」を思い出す。
あそこは、盛岡からも宮古からも真ん中なので、休みたくなる絶妙な位置にある。
もちろん山田線にも川内駅があり、その道は停車場線になっている。

 給水塔

駅の周辺をぐるっと見渡すと、給水塔が見える。
蒸気機関車時代はさぞかし栄えた駅だったことをうかがわせる。


駅前と柾屋商店

駅前からは心細くカーブを描きながら、県道ははじまる。
赤いファザードを持つ商店がかろうじて、駅前らしさを保つが、すぐに橋を渡る。


川内橋(2002年、2005年)


閉伊川にかかるのが川内橋。
崩れかけの欄干に手すりが付け加えられている歴史がありそうな風情。

 夏屋橋と終点

橋を渡れば、十字路。県道は右に曲がり、国道106号へ向かう。
途中に小さな夏屋橋。坂を上りながら接続。
ヘキサもちゃんとある。


旧道にあった小泉商店、川井西小学校

川内橋を渡ってからは、たぶん旧道なはずで、家がいくらかある。
106号の旧道は車では、まず通ることがないので面白い発見ができる。
川井西小学校も旧道沿い。校舎は立派。

TOP