秘湯・夏油温泉をめざす
122 夏油温泉江釣子線
(その1 北上市上江釣子〜北上市和賀町岩崎)



・概要・
夏油温泉からややこしいルートをたどって、江釣子でR107と合流する。
スキー場から先は、結構早く冬期閉鎖。


起点 夏油温泉
↓  夏油大橋
↓  北上市和賀町岩崎新田
↓  新夏油橋
↓  北上市和賀町岩崎
↓  広表橋
終点 北上市上江釣子

実延長 26,176.1

走行日 2003.11.9


○走行記


上江釣子/R107交点付近

国道107号線、東北自動車道が間近に走っているところから、r122は分岐。
いわゆる旧道県道のスタイルをとって、江釣子の中心部へ入っていく。
国道だけあって、昔なら遜色はない道がまっすぐと続く。古墳があるらしい五条丸を過ぎていく。


江釣子の中心部(駅入口あたり)

上江釣子は、かつての「江釣子村」の中心部。
県道沿いには、昔は商店街だったのだろう。お店がいくつか並んでいる。
残念ながら賑わっているとは言えない状況。ひっそりとしているのは、他の町と変わらない。


「江釣子村」の形跡

江釣子村は平成3年に合併で消えた村なのだが、まだ形跡も残っている。
産業遺跡ならぬ地名遺跡とでも言おうか、そんなのを見つけると嬉しい。
村の花が「ひまわり」だったことを知る。
ちなみに旧役場などは、支所として県道の北側に残っている。


広表橋付近から

r122は、江釣子十文字で、南側へ向かう。下り坂になっていて、田園地帯に入っていく。
江釣子野球場が見えてきて、広表橋で和賀川を渡る。旧和賀町エリアへ。


里小屋の交差点

里小屋の交差点でr255北上和賀線が東の方から合流。
ここから岩崎までは重複区間。

その2

TOP