前沢町部分はひっそりと楽しめる
106 前沢東山線
(その1 前沢町前沢〜大曲橋)



・概要・
前沢町と東山町を結ぶルート。
前沢町部分は隠れた美しい町が続いていたりする。
そして東山町田河津を抜けて長坂へ。


起点 前沢町
↓  前沢町白山
↓  大曲橋
↓  前沢町母体
↓  東山町田河津
↓  東山町長坂
終点 東山町

実延長 19,459.7

走行日 2003.8.30



リンク
岩手県立前沢養護学校


○走行記

 母体口・起点付近

r243の母体口バス停付近から単独区間が始まる。目印は前沢養護学校・たばしね学園。
平成7年に移転してきたので、新しく見える校舎が近くにある。
穏やかに東北本線を越える道路が伸びる。問題はなさそうな始まり。

 前沢中跡

深持橋を越えれば、前沢中学校の表示がある。
ちょっと覗いてみると、そこは跡地だった。新築移転して、まだ数年みたい。
門・時計・体育館は残っているが、校舎はすでになくなっていた。


白山上野の風景

自動車学校の脇を通り、国道4号線と交差。まずひといき。
古城付近はさっくりと進む。神明公民館付近から道路は様相を変える。
上野という集落付近で道路は一時狭くなる。


白山船橋・白山小学校

白山と書いて「しらやま」と読むのは、当たり前のようで知らないと気がつかない。
訓読みのほうがメジャなはずだから。

北上川が近くなると、船橋と呼ばれるエリアに。
生コン工場が県道脇にそびえる。近くのガソリンスタンドも寂れたいい味の建物。

白山小学校は県道から少し外れた場所にある。2階建ての校舎は案外懐かしい雰囲気。

 大曲橋

北上川は大曲橋で渡る。「大型車通行禁止」の看板。平成15年6月から当分の間とのこと。
ここは北上川河口からちょうど100キロ地点らしい。全長488メートル、全幅6メートル。
歩道はないが、堂々と真ん中を自転車で渡っていく人もいる。
生母への重要な道であることには変わりない。

その2へ

TOP