柴宿と猿沢
105 猿沢東山線


・概要・
大東町の猿沢と東山町を結ぶ。
JR柴宿駅の近くでr19と接続。


起点 大東町猿沢
終点 東山町長坂

実延長 4,660.5

走行日 2003.7.21


リンク
大東町
(協)産直センターひがしやま・季節館



○走行記
大東町・猿沢と東山町・柴宿を結ぶ道路。
県道になっているのは、R343とr19を連絡とするという意味合いか。


猿沢 (左)大東町猿沢支所そばにあった公民館施設 (右)r105起点

猿沢は大東町の西。大東町にはいろんな町があり、なかなか語り尽くすのは難しい。
猿沢の中心部は国道456号線沿い。

県道はそんな猿沢の南。R456とR343が分岐するところから始まる。
交差点にはコンビニがあるのでわかるはず。

 猿沢の南で

特別問題がある道路ではないようで、車線もきちんとある。
車幅がやや物足りない部分もあるが、困るほどでもない。
淡々と起伏を乗り越えていく。

 東山町との境

ボンヤリしていると、すぐ東山町との境に来てしまう。
雨のせいで、途中下車したくなかったこともあり、坂を登って境を越える。

 柴宿(r19との交点)

東山町に入っても、ひたすら走るだけ。印象は大東町側と変わらない。
r19とは突き当たるような形で交わる。

交差点付近は何も無いが、長坂方面へ進むとJR柴宿駅。
駅舎は県道と密着しており、ホーム1面のみの停留所風。

そして近くに産直施設(季節館)。ここは使える。
「ずんだもち」があり、ああ伊達藩だなと。
懐かしさのあまりついつい購入。

TOP