花巻と西和賀を結んでいる
103 花巻和賀線
(その1 花巻市大通り〜花巻市吹張町)



・概要・
花巻と西和賀地区の短絡道と言えばいいのでしょうか。


起点 花巻市
↓  花巻市藤沢町
↓  花巻市中根子
↓  花巻市轟木
↓  (r13 盛岡和賀線)
↓  花巻市中笹間
↓  北上市和賀町後藤
↓  北上市和賀町竪川目
終点 北上市和賀町

実延長 12,944.5
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行履歴
2003.2.16、2004.12.11



○走行記


これがすべてのはじまり

旧版では藤沢町で終わりと書いたが、マルカンデパート付近にこんな青看があった。
上町のあの突き当たりから吹張(ふっぱり)町を経由して、駅方面はr103らしい。
そんなの聞いてなかったが、事実だから仕方ない。


グランシェール

気を取り直して花巻駅付近に立つ。
ヘキサがあるわけでもない。駅前のランドマーク的存在、グランシェールがそびえる。
とにかく旧エセナまでとぼとぼと歩くことにする。


証拠 NTT前

走行日当日たまたま歩道工事ということで看板があった。
昔のNTTあたり。確かに「花巻和賀線」の文字。
思い返せば唯一の証らしい物件だった。


大通の角

花巻は胸が痛む場所だけど、「大通り」という住所の町を2車線の県道は走る。
古ぼけたビルがある交叉点で曲がることにする。

----------------------------------
吹張町
----------------------------------



吹張町のアーケード。たぶん青看板を素直に信じれば、こちらがr103。
いまやレトロとも言えるアーケードは寂しさは否定できない。
ここで初めてで最後のわんこそばを食べた。

商店街の坂道を下り、旧エセナ前。ここから藤沢町の交叉点までr12と重複。


その2

TOP