広田半島をぐるっと一周
38  大船渡広田陸前高田線
(その1 大船渡市丸森〜大船渡市丸木)





・概要・
広田半島をめぐる県道。まずはぐいっと下がって細浦へ。


起点 大船渡市
↓  大船渡市丸森
↓  細浦漁港
↓  末崎中学校
↓  陸前高田市小友町
↓  陸前高田市広田町
↓  椿島入口
↓  広田漁港
↓  仁田山トンネル
↓  陸前高田市両替
↓  陸前高田市米崎町
終点 陸前高田市

実延長 28,090.6
改良率 71.4%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行履歴
2002.12.23、2004.8.13



○走行記


丸森

大船渡市・丸森が国道45号との分岐点。海は見えるが、ちょっと遠い。
地形のはじっこに作られた奇跡的な坂道を慌ててくだっていく。
このあたりは三陸自動車道との絡みで変化がありそう。

船河原のきついカーブをクリアして、細浦へ。

------------------------------------------------
細浦
------------------------------------------------


細浦

細浦は県道に隣接して港がある。船が手に届くような場所にたたずんでいる。
食い込んでいるような印象がする港のかたち。
細浦駅周辺には、駅前旅館や商店の記憶すべき建物が残っている。

一般県道碁石海岸線が分岐するが、交叉点は拡幅。
バスのためなんだとか。


末崎中学校

細浦を離れ、末崎中から高田の市境までは、道路も狭い難所。 アップダウンが激しくて、ハンドルさばきが面倒な区間だから。

末崎中の近くにはコアボードの背後に海という贅沢な野球場があったりするので時間があれば。


県道は画面右へ

丸木バス停付近が陸前高田市との境。ここは間違いやすい場所。
県道は心細い道を選択する。そうしないと広田半島へ行けない。
道なりなほうは、高田への最短距離の道と認識しておけばいい。道もこっちが立派。


その2

TOP