盛岡東部の連絡県道
36 上米内湯沢線
(その1 盛岡市上米内〜盛岡市下米内)


・概要・
盛岡東部から南部を連絡する路線。
盛岡競馬場から川目に出る区間は、かなり味わいあり!


起点 盛岡市上米内
↓  米内浄水場前
↓  盛岡市下米内
↓  水道橋幼稚園
↓  綱取ダム
↓  盛岡競馬場
↓  盛岡市川目
↓  (R106)
↓  田の沢橋
↓  盛岡市手代森
↓  (R396)
↓  都南大橋
↓  盛岡市津志田
↓  盛岡南インター
終点 盛岡市湯沢

実延長 25,693.2
改良率 89.2%
舗装率 89.2%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.5.5



○走行記


上米内分岐と米内小学校

外庄ケ畑交叉点でR455と別れて、r36は始まる。
ソメイヨシノが終わりかけた頃、安易な気持ちで上米内へ侵入した。
高台にある桜台団地の下を整備された道で下っていく。


浄水場のさくらが満開だと・・・

しかし渋滞している。米内浄水場の桜が公開されていたからだ。
ヤエベニシダレヒガンとヒガンザクラで構成されている。盛岡の花見シーズンをしめくくる桜。
あれっ?こんなに渋滞したっけ。そんな思いに捕われる。結構待たされた。

浄水場あたりが上米内の中心でJR上米内駅もある。
抜け出すことだけで必死。なんとか抜け出して南へ。


砕石所の回転場

上米内を過ぎて姥懐橋、松野橋と渡っていく。
米内川や山田線と絡み合いながら、なんとか下米内へ。

下米内もそれなりに見どころがある区間。まず目につくのが、小さな回転場。
斜め先に見える砕石所へ入るトラックがスムースに入るために使われている。ここで方向転換している。


伊勢清水と米内発電所

米内川と山田線とr36でそんなに余地がない場所が続く。
道路沿いに伊勢清水。あまり飲む気はしない状態だけど、水は確かに冷たい。
そして山から太いパイプが降りてきて、道路もちょっぴり狭くなるのが米内発電所。
歴史がある発電所だが、なんの用途に使われているのだろう。


その2

TOP