飯森峠を越えて気仙沼へ
34 気仙沼陸前高田線




・概要・
陸前高田市矢作町と気仙沼を結ぶ主要地方道。
岩手県側はあっさりさっぱり。


起点 宮城県気仙沼市
↓  宮城県気仙沼市上東側
↓  飯森峠
↓  陸前高田市矢作町飯盛
↓  陸前高田市矢作町梅木
終点 陸前高田市

実延長 3,566.0m(岩手県分)
改良率 36.2%
舗装率 57.0%
認定要件 5号
(H16.4.1現在)


走行日 2003.5.10、2005.1.9



○走行記(2005.1増補)
 梅木(2005.1.9)

 梅木橋

陸前高田から気仙沼へ抜けるもうひとつの手段であるr34。
地図では、飯森峠越えがあるので、多少ためらう道筋で描かれている。

国道343号・矢作町梅木が岩手県側のスタート地点。周辺にヘキサは見当たらない。
梅木橋は立派で、センターラインがあるきちんとしていそうで安心できる。
そんな感じで気仙沼への道がはじまる。

 飯盛付近(2003.5.10)
 改良後(2005.1.9)

かつては、すぐに改良工事の区間となり、しばらく飯盛付近は砂利を含んだ道だった。
2005年1月時点では改良工事は終わり、大船渡線をくぐるガードまでは快走路に変わった。

 大船渡線をくぐる(飯盛)

ガードをくぐると、飯森峠越え。線路と平行しながら、高度を稼ぐ。
やがて線路より高い場所を走るようになり、風景は淋しく変わっていく。
車線はないものの、死ぬほど困るというわけではないという難易度。

 飯森峠(宮城県側から)

飯森峠のサミットはさっぱり。見晴らしは良いわけでもない。
しかし舗装が変わり、ヘキサのスタイルが変わる。そこは明らかに県境であった。

 県境にいたパンダ@飯森峠

気仙沼まではまだまだ。

宮城県側(抄)

TOP