岩手県はあんまり主要地方道感なし
33 軽米名川線
(その1 岩手県区間)


・概要・
軽米町と青森県名川町を結ぶ県境越え主要地方道。
ここも青森県側のほうが立派。


起点 軽米町
↓  晴高小学校前
↓  軽米町晴山
↓  青森県南郷村
終点 青森県名川町

実延長 3,907.1
改良率  66.6%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.7.18



○走行記


晴高小学校

軽米町の中心部からR340を北へ。高家(こうけ)地区がr33の分岐点。
晴高小学校前から新しい道がのびている。


高家(こうけ)

r33の案内標識に従って曲がると、道路はいきなり狭くなる。かなりのフェイントで焦る。
幸い、その区間は短くて、集落が終わるとセンターラインがある快走路に変わる。
しかし、これも短くて、基本的には狭い道であることを知らされる。


苅敷山あたり

ほとんど一般県道だなと思いながら進む。いつの間にか晴山地区へ。


「泥り」への分岐

農道を越えても、道路状況は変わらない。
「泥り」というそそる地名は、残念ながら別方向。


県境

県境は周囲に何もない静かな場所だった。どちらかというと青森県側のほうが立派。
岩手県区間は、あっけなく終わる。


青森県側へ

TOP