あまりにも有名ですがアスピーテラインっす
23 西根八幡平線
(その1 西根町大更〜松尾村緑ケ丘)


・概要・
岩手の冬の訪れを告げる指標となっている県道。 別名「アスピーテライン」。
岩手側は普通かな。 ここはやっぱり松尾鉱山の夢の跡です。必見。



起点 西根町
↓  西根町田頭
↓  松尾村寄木
↓  松尾村柏台
↓  松尾鉱山跡
↓  八幡平レストハウス
終点 秋田県鹿角市八幡平

実延長 31,211.0

走行日 2003.10.5



○走行記

 大更

R282大更。北日本銀行があるあたりから、r23は始まる。
これから八幡平とは思えない、さっくりとしたスタート。ガソリンスタンドなどを脇目にしながらはじまる。

 田頭

少し窪んだところが田頭町バス停。r233焼走線が分岐。
周囲を見渡すと、郵便局がある程度。静かである。
窪みを越えると、農協支所が現れる。向側には、かつて田頭小学校・中学校があったそうだが、移転している。

基本的には爽やかな道路だと思った。西根とか松尾は、独特の空気の匂いがする。
大きな山に包まれた落ちつているような。あまり閉じ込められている感じがしない。


寄木の売店跡、寄木小学校

退屈を感じてくるころに、寄木の交差点になる。ここで一度曲がりが入る。
寄木小学校、寄木簡易郵便局がある。少し離れて、農協の売店跡。錆具合がなかなかの物件である。
東北自動車道をくぐると、かなり観光地っぽい風景になってくる。
俗化されているわけではなくて、なんか高原っぽいつうか。
ほぼ直線な道路で、じっくりと走ることができる。


柏台

柏台は、八幡平の玄関口。ここでこれからののぼりに備える。そんな雰囲気。
銀行もあったし、村営住宅なんだろうかアパートもたくさんあった。
ここではr212雫石東八幡平線、r45柏台松尾線が分岐する。

 松尾鉱山入口付近

柏台から本格的な峠道になり、高度を稼ぎはじめる。
走行日当日も紅葉を求めて、車やバイクが行き交う。「学習院」の表示に惹かれて、僕は県道を外れる。


その2

TOP