ノソウケ峠を越えて
20 軽米種市線
(その1 軽米町上増子内〜ノソウケ峠)


・概要・
軽米町と種市町を結ぶ道路。ノソウケ峠はかなり立派な道になっている。


起点 軽米町
↓  軽米町上増子内
↓  軽米町大道口
↓  ノソウケ峠
↓  種市町城内
終点 種市町

実延長 24,601.1

走行日 2003.7.5


リンク
軽米町のホームページ


○走行記
軽米町と種市町を結ぶ主要地方道。新幹線関連工事でかなり整備されていた。

 増子内

R395小軽米のバイパスが終わると、増子内。ここがr20の事実上の起点。
増子内には小学校があったが、今は廃校。信号もなく、ひっそりな交差点である。

 七ツ役付近

道路状態は普通の車線がある道。川に沿うようにルートをとっている。
特別何があるわけでもなさそうな、そんな地域を通る。

 大道口(r11と交差)

ほとんど青森県な大道口でr11八戸大野線と交差。
この先にはノソウケ峠。あまり険しそうではない先が見える。


ノソウケ峠

カタカナなのが、また興味深いこの峠は立派だった。新幹線関連で改良されたとのこと。
あいにく霧に包まれ、視界は利かなかったけれども・・。
遠野の峠たちの感覚だと、なんだか物足りない感じすらしてしまう。
サミットも充分な道幅。種市町側に入ると、ちょっとした展望台があった。

その2へ

TOP