学校ロード
15 一戸葛巻線
(その1 葛巻町田代〜葛巻町田部)


・概要・
馬淵川に沿いながら、一戸から葛巻へ遡る県道。
小規模学校が沿線沿いにあって、それをながめるのもいい。
特に冬部の小学校は必見。


起点 一戸町
↓  一戸町小鳥谷
↓  一戸町姉帯
↓  葛巻町田部
↓  小田小学校前
↓  葛巻町・田代
終点 葛巻町

実延長 24,656.6

走行日 2003.8.16



リンク
葛巻町


○走行記
 葛巻町田代

R281。葛巻町の中心もあと少しな田代から。
周辺には民家があり、小さな橋で川を渡る。県道にありがちなスタート。
道路はまずまずな感じで始まる。主要地方道の面目は保っているのかも。

馬淵川に沿いながら走るので、直線なところは少ない。
車線はあるけれど、場所によっては路面状態がいまひとつのところも。


小田の風景(小田橋・小田小学校)

足が止まったのは小田(こだ)。
フェイントな読みで保育所のひらがな書きの看板を見るまで気がつかなかった。

由緒ある木が公民館近くにある。
そして、最初の学校が小田小学校。ピンク色の校舎が残っていて、いい味を出している。

小田橋を渡り、さらに進む。

 坂待屋

ちょっとジャンクションな感じがするのは坂待屋
方向を変えて行くような錯覚に。道路は馬淵川が作った細い平地を通っていく。
起伏はあるけれども、淡々と走るしかない。

 田野小学校

小学校第2弾は田野小学校
校舎は2階建て。少し痛んでいるような感じもするが、この県道沿いの学校の中では、一番近代的かも。
この付近の地名は田部。田野の田らしい。

その2

TOP