北上川の東側を行く
14 一関北上線
(その1 北上市〜江刺市・岩瀬橋)


起点 一関市
↓  一関市山目
↓  一関市舞川
↓  平泉町長島
↓  前沢町生母
↓  水沢市羽田町
↓  (江刺市岩谷堂)※R456で途切れる
↓  江刺市・岩瀬橋
↓  江刺市稲瀬
↓  北上市立花
終点 北上市

実延長 48,264.1
改良率 98.7%
舗装率 100.0%
認定要件 1号
(H16.4.1現在)

走行日 2002.12.22、2005.3.6

○走行記



県道花巻北上線から引き続きなのであるが、その上を走る国道107号線から分岐する道からが県道らしい。
北上市農協さくら支店が取り巻くように、カーブを描きながら旅路が始まる。



まあ、いきなり展勝地なんて名所があるのだが、この時期、人影疎ら。
レストハウスがあるので、トイレ休憩なんぞどうぞ。
向側にある民俗村の裏門?前には、藩境塚のレプリカがある。
ここではあんまり境を感じないが、そういうことらしい。

展勝地を過ぎると、北上市の「稲瀬町」。
金毘羅神社なんてのもあるが、ついつい淡々と進んでしまう。
江刺との境界には、2階建ての可愛い校舎の照岡小学校。

 照岡小学校
 江刺市稲瀬

江刺市に入ると、道路事情が少し変わってくる。
新幹線が見えてくると、田園地帯の広々した風景を走ることになる。
しかし道路は、広くなったり、狭くなったり。

やがて橋とぶつかる。岩瀬橋という名前。たぶん岩谷堂と稲瀬の合成橋名。
ここからは国道456号線となり、県道14号線の名前は見えないまま江刺市の中心部をかけることになる。

 岩瀬橋

-------------------------
岩谷堂あたり
-------------------------
R456との重複区間になりますが、敬意を表して。



江刺市役所ほか(2005年3月)


その2

TOP