交通量ナンバーワン県道
013 盛岡和賀線
(その1 北上市和賀町藤根〜北上市和賀町後藤)



・概要・
交通量は県道一。それだけにゆっくりと走るわけにはいかない。
中央部縦断道路の中心としての役割は揺るぎない。
北上市部分はまだ穏やかかもしれない。


起点 盛岡市
↓  太田橋
↓  飯岡十文字
↓  流通センター
↓  矢巾町北伝法寺
↓  紫波町上平沢
↓  石鳥谷町大瀬川
↓  花巻市北湯口
↓  花巻市小瀬川
↓  花巻市太田
↓  花巻市南笹間
↓  北上市和賀町藤根
終点 北上市和賀町

実延長 48,678.2
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行日 2004.4.10


○走行記


藤根(R107交点)

「盛岡和賀線」。必要な県道で、使える県道。
でもあまり好きではない。車がバンバンと通るせいだと思う。
全線がそんなわけでもないのだけど、原付時代の印象が残っているせいだ。
交通センサスの記録だと、11,789台で主要地方道では県内第一位になっている。

国道107号線・江釣子バイパス。藤根の中心街からは北にあたる場所から長い旅が始めた。
コンビニ(サンクス)が目印。目新しい風景でもない。ここから盛岡へ繋がっているのかという思いだけ。


藤根小学校跡

集落の間を走るような典型的な農村の道でスタート。稲葉神社からちょっと寄り道をする。
目的は旧藤根小学校(平成13年3月閉校)があった場所。
個人的に久しぶりだったが、校舎が消滅していたのにはショックを受ける。
二階建ての校舎は、なかなか美しかっただけに惜しまれる。

跡地には「北上市西部学校給食センター」と「萩の江」が移転。
いずれも老朽化のために移転して来たとのこと。


藤根の北で

気持ちを取り直し、しばらく進めば初ヘキサ。
北上側はヘキサになかなか出会えなかった。


北上市の果て

そして、空が開けてると、ゆるやかなカーブを描いて花巻市へ。


その2

TOP