難所・小石浜をかかえる
9 大船渡綾里三陸線
(その1 大船渡市猪川町〜太平洋セメント)



・概要・
大船渡と旧三陸町の中心・越喜来を結ぶ県道。
途中に綾里という可愛い町がある。小石浜は難所。
トンネル化の要望はあるが、いつの日になるのやら。


起点 大船渡市猪川町
↓  太平洋セメント
↓  大船渡市赤崎町
↓  合足トンネル
↓  大船渡市三陸町綾里
↓  小石浜
↓  甫嶺
終点 大船渡市三陸町越喜来

実延長 33,023.3
改良率 85.8%
舗装率 100.0%
(H15.4.1現在)

走行履歴
2002.11.3、2004.6.5



○走行記



猪川町(2004.6.5)

国道45号が岩手開発鉄道のガードをくぐるあたり。そこがr9のはじまり。
住所的には猪川町。一桁県道のわりには地味な周辺部。


ろくろ石橋(2004.6.5)

藤沢病院を背景にして、ろくろ石橋で立根川を渡る。
猪川小学校前を通り、とりあえず順調に走っているとは思える道の状況。


三鉄をくぐって<佐野>(2004.6.5)、赤崎駅(2002.11.3)

赤崎町エリアに入って。サンデーがある中井を通り過ぎ、 三陸鉄道南リアス線のガードをくぐると、雰囲気が大分変わってくる。
岩手開発鉄道が再び寄り添ってきて、県道と並行。赤崎駅という本当の終点がある。

--------------------------------------------------------------------------------------------
太平洋セメントくぐり抜け
--------------------------------------------------------------------------------------------

太平洋セメント(2004.6.5)


工場の中を(2004.6.5)

前半戦のメインイベントとともいえるのがセメント工場のくぐり抜け。
工場が少ない岩手で、むき出しな鉄の固まりを見るだけで嬉しくなったりする。
いろいろあって今は「太平洋セメント」。大船渡の大企業である。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

その2

TOP