人首に行こう
8 水沢米里線
(江刺市米里〜江刺市玉里)


起点 水沢市
↓  R4
↓  桜木橋
↓  江刺市愛宕<おだき>
↓  (R456)
↓  江刺市岩谷堂
↓  江刺市玉里
終点 江刺市米里

実延長 29,075.0

走行日 2003.2.22



起点付近(江刺市古歌葉)


種山が近いせいか、雪深いです。
「こがよう」と読むそうです。なんと美しい地名でしょうか!

○走行記
種山が近い。道路は雪が多くなってくる。
国道397号線・赤金トンネル出口付近から県道は始まる。
かつては「水沢人首住田線」とも呼ばれたようだか・・。

 木細工中学校跡

最初に目立つ集落といえば、木細工。小学校と簡易郵便局がある。
小学校はすでに立派になっているが、遠くない場所に木細工中学校跡がある。
校舎の一部が残っていて、なかなか素晴らしい場所。映画の撮影などでも使われたことがあるとのこと。

そうそう道路は2車線。幅も充分。問題はない道。木細工を過ぎ、九才坂付近から雪の量は減ってきた。
滝ノ沢からはちょっとした直線道路。なかなか気分よく走ることができる。

そして、早くもこの県道のサミット・人首(ひとかべ)に到着する。
人首はかつては宿場町として栄えたそうだ。道路幅が狭くなり、その雰囲気を演出する。
「ひとかべ」という読めない地名は、「人首丸」伝説から来ているとのこと。

人首建築物選
岩手の宿場町跡では最高の部類に入るのではないでせうか

理髪店跡
ああなんて美しいのでしょうか

旧米里郵便局
有名系

かんけいストア跡
懐かしい匂いがする不思議な建物

人首教会
教会があるなんてビックリ。栄えていたんですね

人首の中心部を過ぎると、再び車線が現れ、人首川の形に沿いながら走ることになる。
多少、山深く、カーブも多くなってくる。
立石で県道口内伊手線とクロス。立石部落館もトタン風味の味わいがある建築物。

 立石部落館

その2へ

TOP