釜石の中心街を通り抜けて
4 釜石港線
(その1 釜石港〜釜石市大町)




・概要・
釜石港から中心市街地を通って、国道283号へ出る県道。


起点 釜石港
↓  釜石市只越町
↓  釜石市大町
↓  釜石市大渡町
↓  大渡橋
終点 釜石市只越町

実延長 1,301.5
改良率 100.0%
舗装率 100.0%
認定年月日 S29.8.16
認定要件 5号
(H18.4.1現在)

走行履歴
2002.9.21、2004.7.25、2007.3.21



○走行記



釜石港(2004.7.25)

釜石港は岩手県では屈指の港湾。自動車を積み出す港として岩手では有名。
それだから、1桁県道として存在しているのだろう。
港の中心がどこなのかは通りすがりの旅人ではわからない。
妙に古い魚市場が心に残っているのだが、今もあるのだろうか?
平成19年4月、公共埠頭改修工事が終わり供用開始。仙人峠道路とともにお祝いされていた。


起点あたり(右 2004.7.25、左 2007.3.21)

 市営ビル(2007.3.21)

起点は「釜石港」になっているが、実際にトレースできるのは、港湾合同庁舎前になる。
函館税関大船渡支署釜石出張所が主な施設。函館→大船渡→釜石という広範囲な地名が入っているなあ。
市営ビルがすぐ近くにあり、このへんではシールヘキサで県道であることが確認できる。
幅が広い道がこのあたり100メートルくらいつづく。

 只越町(2007.3.21)

市営ビルの交叉点から、左に曲がって只越町の商店街。
古ぼけたアーケードがここからしばらくつづく。かつての10万都市の面影はこんなところに。
まず只越町商店街。旧45号線がここから分岐。




大町(2007.3.21)

続く商店街は大町。岩手銀行などがある。
ニチイは更地になったまま。

その2

TOP