南の玄関口
3 一関停車場線




・概要・
岩手の主要駅・一ノ関駅へ通じる駅前県道。千葉久はなくなり雰囲気が変わりました。


起点 一関停車場
終点 一関市新大町

実延長 141.3
改良率 100%
舗装率 100%
認定要件 5号
(H17.4.1現在)

走行日 2003.11.30、2006.1.15




○走行記

一ノ関駅

岩手県道史では、徐々に番号が繰り上がって、r3までになったのが一関停車場線。
駅名は「一ノ関」、県道名や市名は「一関」。

駅舎はかつての地方の主要駅といった風情を残している。緑色ベースの懐かしい感じがする建物。



レトロな駅前


駅前の風景はやや寂しくなっただろうか。ネオンサインの数が少し減った。
しかしながら、駅のバスターミナルはシンプルであることは変わりない。


県道全景 上が2006年、下が2003年

r3を歩くには、地下道をくぐる必要がある。(遠回りすればくぐらなくてもいいが・・)。
やはり大きな変化は千葉久がなくなったことだろう。空が広くなった。
短い停車場線だから、ローソンとか眺めていると、すぐに新大町の交叉点に着く。
ここはr260、R284・R342(重複)が集まってくる要所である。


千葉久があった頃(2003年)、すっかり消えてしまった2006年

交叉点にあった旧千葉久は2006年1月時点では解体されて、更地になっている。
とりあえず駐車場として利用されているようだった。


一応、新大町の交叉点側からr3を見る



TOP